埼玉県・川越・ふじみ野の広報ツールの企画制作会社

インターネットPR

インターネットPRインターネットPR
情報を伝える手段として、インターネットが主流になっている現在、いかにそれらをうまく活用していくかが商品やサービスのPRにおいて重要な鍵となります。
パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯電話など、様々な端末に対応したWebサイトを効率的に制作する手段として、各端末に最適なデザインを表示するためのレスポンシブデザイン(※1)の活用が挙げられます。
お客様のご予算に応じて、デザインテンプレート(デザインのひな形)を活用したリーズナブルなサイト制作プランから、大規模サイト、CMS(※2)の構築支援まで、お客様が伝えたい思いを適切に伝わるようお手伝いいたします。

〇インターネットリサーチの調査設計・実施・集計分析
〇ホームページの企画制作
〇キャンペーンサイトの企画制作
〇ランディングページ(※3)の企画制作
〇CMSの構築支援


インターネットPRワークフロー


(※1)レスポンシブデザインとは・・・
Webデザインの手法の一つで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など複数の機器の種類やサイズに応じてWebサイトの表示内容が最適な状態に変化するよう設定された単一のファイルを制作し、すべての機器に同じように送信することで端末の画面サイズに合わせた表示が可能となります。
複数のファイルを用意する場合に比べ、すべての機器に同じ内容を表示でき、更新作業の簡略化や更新漏れの防止が期待できます。

(※2)CMSとは・・・
Contents Management System (コンテンツマネジメントシステム)の略で、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのことです。
CMSを導入すれば、HTMLなどの知識を習得することなくテキストや画像の更新ができます。
また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業からも解放されます。
CMSの中には、サイトのデザインを「テンプレート」(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えば画像の作成やデザインなどを行うことなくサイトを構築することができます。そのため、更新作業をその都度外部の業者に委託する必要がなくなりコストの低減と情報の的確な更新を行うことが可能になりました。

(※3)ランディングページとは・・・
ランディングページとは、もともと、ユーザが最初にアクセスするWebページの入り口となるページのことです。Google、Yahoo!などの検索エンジンから訪れるトップページ以外のキャンペーンのページなどがランディングページになる場合が多く、それらのランディングページを工夫し集客したい特定のページへ誘導する事を目的として、コンバージョン率(問合せ、会員登録、購入などの行動に至る割合)を高めるという考え方・施策のことをLPO・ランディングページ最適化といいます。

(参考文献:IT用語辞典)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 049-265-7755 9:00~17:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.